クロジル 嘘くさい

クロジルは嘘くさい?

 

最近よく広告で見かけるのですが、クロジルは嘘くさいと不信に思う人も多いみたいですね。

 

確かにその通りで「クロジルを飲んで1ヶ月で〇〇キロ痩せた」と言われたら嘘くさいと思っても仕方がないです。

 

なぜならクロジルは薬ではないですし、そんな短期間で痩せるような効果があるわけないからです。

 

これが本当であれば、巷にあるスポーツジムでのダイエット運動は意味ないですし、もっと価格が高くてもおかしくないですからね。

 

しかし、クロジルの成分を見ればわかるのですが、ダイエット効果が嘘だとは言い切れないです。

 

太るというのは栄養のバランスが重要です。つまり食事に問題がある人が太っている場合が多いわけです。

 

なので、クロジルを飲むことによって、不要な栄養素などが排出されるわけですから効果が期待できなくもないはずです。

 

ただ、単純にダイエットをしたいというのであれば、やはり適度な運動は必要です。

 

クロジルの広告は嘘くさいですが、運動と併用であれば嘘とは言い切れないのではないでしょうか。

 

公式サイトを見る限り「クロジルだけで」「運動と併用して」という話はありません。

 

しかし、「運動をしてない」とも記載がないので、実際は適度な運動はしているはずです。

 

もし、クロジルのみで痩せたという話であれば嘘だと言えますが、運動と置き換えを併用していれば嘘ではないでしょう。

 

クロジルで置き換えダイエット!

 

クロジルで置き換えダイエットが出来るのか気になるところですね

 

クロジルの公式サイトを確認してみると、置き換えダイエットを推奨しているようです。

 

成人女性の一般的なカロリーの摂取量は1800〜2200kcalに抑える必要があるそうです。

 

そのカロリーを超える食事をしている場合に太っていくという事です。

 

少し具体的に考えてみましょう。

 

上記の1800〜2200kcalの差分の400kcalは大きい気がしますので、1800kcalで考えてみましょう。

 

●朝食
食パン 6枚切り 177kcal
野菜ジュース  140kcal

 

●昼食
パスタ(ミートソース)614kcal
サラダ(和風サラダ)183kcal

 

●夕食
スシ 700kcal

 

こんな感じでも1800kcalを超えてしまいます。

 

ちょっとでも間食があれば、確実に太っていくわけですね。

 

クロジルは11.4kcalなので、例えばこのメニューの中で、サラダや野菜ジュースをクロジルに置き換えるだけで1800kcal以内に収まります。

 

ちなみにかつ丼やラーメン、天丼などはカロリーが1000近くありますので、そういった食事をする場合はどこか1食を置き換える必要があります。

 

クロジルの良いところは甘くなく、お茶に近いという点が挙げられます。

 

甘いダイエットドリンクはカロリーも高いですし、食事に合わないという欠点があります。

 

しかし、クロジルはそういった事がなく、食事に合わせやすいので置き換えしやすいんですね。

 

ただ、昼食や夕食など多めに食べるメインの食事との置き換えは腹持ちがよくないので、ちょっと大変です。

 

なので、オススメはメインメニュー以外をクロジルに置き換えるのが良いのではないでしょうか。

page top